お金の心配をするのなら | ED治療薬でコンプレックスを解消して自信を取り戻しましょう。
menu

お金の心配をするのなら

緑色の錠剤と白い錠剤

ED治療は保険適応外の為に、ED治療薬も当然保険適応外となります。
そのために、先発薬というのはあまり安価で購入することができないかもしれません。
バイアグラであれば一錠で千円を超えることも珍しくありません。
しかしジェネリックのバイアグラならば先発薬の3〜6割の値段で購入することができます。

バイアグラジェネリックは国内での認可が降りているために、病院やクリニックでも問題なく購入することが可能ですが、レビトラやシアリスなどは特許がまだ有効なために、ジェネリックを手に入れるのであれば、通販を利用して海外で生産されたものを個人輸入するしかありません。

もちろんバイアグラジェネリックは非常に有用なED治療薬ですが、レビトラやシアリスのジェネリックを購入したいと考える人もいるでしょう。
その場合には、上記の通り通販を利用するしかありません。
そういった時に海外まで出向いて薬を買い付けるわけにもいきませんし、外国語のホームページをかき分けて個人輸入するのもあまり一般人にとっては簡単なことではありません。
その場合には国内の個人輸入代行サービスを利用しましょう。

個人輸入代行サービスの使い方は一般的な通販と特に変わりません。
違いを挙げるとすればそのリスクでしょう。
法整備が追いついていない分野なだけに、どうしても悪徳業者というのは存在します。
相場よりもかなり安い価格で個人輸入代行サービスを提供しているサイトというのは怪しいかもしれません。
もちろん値段だけで一概に判断できるものでもありませんので、第三者が運営しているレビューサイトを見てからサイトの安全性を測るのも良いでしょう。
しかし、そういったサイトにおいて一番怖いのは「サクラ」です。
不自然なほどに高評価が多すぎるサイトは少し警戒したほうがいいかもしれません。
また短期間で多くのレビューが付いているサイトもサクラの可能性が高いと言えるでしょう。
ジェネリックを購入する際に必要なのは自分のセンスなのです。