仲介なしは危険かも | ED治療薬でコンプレックスを解消して自信を取り戻しましょう。
menu

仲介なしは危険かも

重なっている薬のパッケージ

個人輸入代行サービスに頼らないでED治療薬を購入することを試みる人というのは一定数います。
ED治療を専門とするクリニックの相談でもそういった事例は多く取り上げられています。

個人輸入代行サービス業者の中にはもちろん悪徳な業者もありますが、そういった業者を仲介せずに購入しようとした場合にかかってくるリスクが他にあることを忘れてはいけません。
というのもED治療薬の中でも有名なバイアグラを個人輸入で購入しようとした場合に、税関で没収されてしまう場合があるのです。
もちろん正規のバイアグラであれば特に問題は無いのですが、バイアグラの特許権を侵害するようなED治療薬を個人輸入しようとした場合にはやはり税関の対象になります。

というのもバイアグラの開発元であるファイザー株式会社が、バイアグラの安全性を確実なものにするために、税関に購入差し止め申立てをおこなったのです。
そのために、手荷物であっても没収される場合があるほどなのです。
またED治療薬の通販サイトの利用規約を見ていると、税関でのトラブルに関しては保証しない。と記述されているものがほとんどです。
そのために、お金が無駄になる可能性を考慮するのであれば、やはり正規のバイアグラもしくは、バイアグラジェネリックを購入することを心がけましょう。
正規品を購入するに越したことはありませんし、結局自分の体調に影響が出てしまっては本末転倒です。

口が酸っぱくなるほど申し上げていますが、やはりリスクを排除するのであれば病院やクリニックでの処方が不可欠です。
「バイアグラ〇〇(地名)」でインターネット検索をかければその付近でバイアグラを購入することができる医療機関を調べることが可能です。